展示「こんにちは!多面体11」開催のおしらせ

12月の展示は、「こんにちは!多面体11」です。

毎年の締めくくりとなっている「こんにちは!多面体」シリーズも、今回で11回目を迎え、新型コロナの流行以前から途切れることなく継続されている展示です。

毎年のことながら、今年も1年間かけて多数の多面体を丁寧に作成されます。

師走に入り急に寒さが厳しくなったように感じる今日この頃ですが、ぜひ皆様にご来場していただければと思います。

なお、新型コロナウイルス感染予防のため、ご来場の際は手指消毒やマスクなどの着用を引き続きよろしくお願いします。

期間:2022年12月5日(月)から12月26日(月) 9:15から15:00

※月曜日のみ9:15から13:00まで。12/8(木)は12:00から15:00まで

土曜・日曜は定休日

展示「今西幸司鉄道写真展2022ひまわり号となかまたち」開催のおしらせ

2022年11月の展示は「今西幸司鉄道写真展2022ひまわり号となかまたち」です。

昨年度に続き、今西幸司氏による二度目の鉄道写真の展示会です。

今回の鉄道写真は「ひまわり号」に特化した写真展です。1990年代から最近までの様々な駅で撮影された「ひまわり号」の写真が一同に展示されています。

鉄道好きの方にはたまらないと思われますので、ぜひご来場しご鑑賞いただき、ゆっくりとしたひと時をお過ごし下さい。

期間:2022年11月2日(水)から11月30日(水) 9:15から15:00  土・日・祝は閉所 11月10日のみ12時からの開所となります。

※月曜日のみ9:15から13:00まで開所でカフェの注文はできません。火~金曜日のカフェの注文は10:00から14:50までですのでご注意ください。

また、ふれあい交流サロンてあとろでは、現在2023年3月と2023年6月から9月までの展示希望者を募集しています。絵画、写真、手芸作品などの展示をご希望の方はぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

なお、引き続き新型コロナウイルス感染予防のため、ご来場の際は手指消毒やマスクなどの着用をよろしくお願いします。

 

展示「スクラッチアート ウォールトディズニー2022」開催のおしらせ

2022年9月の展示は「スクラッチアート ウォールトディズニー2022」です。

昨年度に続き、同じ展示者の方による二度目のスクラッチアート作品の展示です。

このところ新型コロナの影響の影響により、展示のキャンセルや希望者の減少の中、今年度はじめての展示でもあり、たくさんのスクラッチアート作品が展示されていますので、ぜひご来場いただきのんびりと鑑賞しお過ごしていただければと思います。

また、ふれあい交流サロンてあとろでは、絵画、写真、工作、手芸などの作品展示を募集していますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

なお、引き続き新型コロナウイルス感染予防のため、ご来場の際は手指消毒やマスクなどの着用をよろしくお願いします。

期間:2022年9月2日(金)から9月29日(木) 9:15から15:00 土・日・祝は閉所

※月曜日のみ9:15から13:00まで開所でカフェの注文はできません。火~金曜日のカフェの注文は10:00から14:50までですのでご注意ください。

 

 

 

夏季閉所のお知らせ

いつもお世話になっております。

ふれあい交流サロンてあとろは、次の日程で夏季閉所いたします。

閉所期間:2022年8月11日(木)から2022年8月17日(水)まで

8月18日(木)の9:15より再開いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

☆ふれあい交流サロンてあとろ☆
開所日:月~金曜日
定休日:土・日・祝日(夏季、年末年始は閉所)
開所時間:月曜日 9:15から13:00 ※飲料の注文はできません。
火~金 9:15から15:00 ※飲料の注文は10時より。
毎月第1木曜日のみ12:00から15:00まで

臨時閉所のお知らせ(2022年6月9日)

いつもご来場ありがとうございます。

都合により、ふれあい交流サロンてあとろを2022年6月9日(木)臨時閉所いたしますので、お知らせします。

6月の営業につきましては、それ以外については通常営業を予定しておりますので、よろしくお願いします。

ふれあい交流サロンてあとろ

てあとろ営業に関する各種変更のお知らせ

いつもふれあいサロンてあとろをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2022年度からの「京都市こころのふれあい交流サロン事業」の各種変更にともない、ふれあい交流サロンてあとろでも今年度より営業時間などを各種変更することとなりましたのでお知らせいたします。

営業日:月曜日から金曜日(定休日は土・日・祝日および夏季、年末年始)

営業時間:午前9時15分から午後3時 ※月曜日のみ午後1時に閉所。また毎月第一木曜日は午後12時からの開所となります。

その他

①てあとろ来所時、カフェの注文、各種ご相談の際にスタッフが不在の場合は呼出しチャイムを押してお呼び下さい。

②ドリンク類(お茶、お水を除く)の提供は、てあとろ会員のみとさせていただきます。また、月曜日はドリンク類の提供はしておりませんのでご注意願います。※てあとろ会員の入会方法などにつきましては、スタッフまでお問い合わせ下さい。

③展示につきましては、展示ご希望者がおられる月のみの開催となります。また、展示告知のダイレクトメールは廃止し、ブログでのみの告知となります。

以上となります。また、今後もやむなく各種変更をする場合はブログにてお知らせいたします。

では、ご利用者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、今後ともふれあい交流サロンてあとろをどうぞよろしくお願いいたします。

 

展示 小西主起 絵画展「すがた~姿~」開催のおしらせ

3月の展示は、小西主起 絵画展「すがた~姿~」です。

展示者の小西主起氏はこれまで昨年も含め、何度も展示をされており、てあとろでの展示もすっかり恒例となっています。

前回の展示では静物画が多かった印象ですが、今回は人物画や動物画も多く展示されています。今年度最後の展示となりますので、ぜひ、ご鑑賞に来場いただきますようお願いいたします。

期間:2022年3月2日(水)から3月25日(金) 10:00から15:00※3日は12時開所

なお、ご来場の際は新型コロナウイルス感染予防のため、引き続きマスクの着用や手指のアルコール消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。

展示『過去・そして未来へつなぐ「京の明治建築」』開催のおしらせ

令和4年2月の展示は、『過去・そして未来へつなぐ「京の明治建築」です。

京都に今も現存する明治時代に建築された建物などを、点描画にて細かく描写された作品が展示されています。

ーーーーーーーーーーーー「作者からのメッセージ」ーーーーーーーーーーーーーー

この度は『過去・そして未来へつなぐ「京の明治建築」』にお立ち寄り下さいまして、有り難うございます。

展示している作品は、製図用の先の細いロットリングペンを使った点描画で、今なお京都に健在する明治時代の建築物です。京都には現在も50棟以上もの建築物が残されており、中には明治村に移築されているものもありますが、多くは今も現役で活躍中の建築ばかりです。

この「京の明治建築」の点描画は、書籍として出版予定でしたが、16年前に依頼者が亡くなり、あたためていた作品は未刊のまま人目に触れることなく現在に至りました。原画は残念なことに依頼者の家屋とともに喪失してしましました。しかし、出版前ということで印刷会社にフィルムとして保存されていたものがありましたので、この度スキャニング・出力という形で、みなさんに見ていただける状態になりました。何より出版を楽しみにされていた依頼者の「夢をつなぐ」という想いで今回の展示に至りました。

コーヒーの香りが漂う中、いにしえの時の流れとともにゆるやかな時間をお過ごし下されば幸いです。

拝謝

作者:川池 幸代

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、引き続き新型コロナウイルス感染予防のため、ご来場の際は手指消毒やマスクなどの着用をよろしくお願いします。

期間:2022年2月9日(水)から2月25日(金) 10:00から15:00

※月・土・日・祝は閉所いたします。

営業再開のお知らせ

ふれあい交流サロンてあとろを、いつもご利用ありがとうございます。

ふれあいサロンてあとろは、2022年2月1日(火)から臨時閉所いたしておりましたが、2022年2月3日(水)より営業を再開することとなりましたので、皆様にお知らせいたします。

開所時間はこれまで同様、平日火曜日から金曜日の朝10時から15時までです。

毎月第一木曜日は原則12時より開所ですが、2022年2月4日(木)につきましては通常通り10時に開所いたしますのでよろしくお願いいたします。

みなさまのご利用をお待ちしております。

なお、営業再開後も引き続き新型コロナウイルス感染予防のため、ご来場の際は手指消毒やマスクなどの着用をよろしくお願いします。

臨時閉所のお知らせ

ふれあい交流サロンてあとろを、いつもご利用ありがとうございます。

ふれあいサロンてあとろは、2022年2月1日(火)から臨時閉所いたしますのでお知らせいたします。

出来るだけ近日中に開所を再開したいと考えておりますが、現在のところ開所再開の時期は未定です。

開所再開が決定しましたら、またお知らせいたします。

ご利用希望の皆様にはご不便をおかけして大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。